アパレルの接客を学んだ

以前にアパレルの接客の仕事をしていたことがありました。
そのときに、接客のノウハウをいろいろな先輩に教えていただいたのを今でも覚えています。
洋服の接客には、気をつけないことがたくさんありました。

まずは、御店をいつも清潔に保つのが一番大切だということでした。
アパレルというと洋服がたくさん並んでいて、お客様が自分で洋服を見るので
その後はバラバラになっていることが多いですが、
常に美しくたたんである方が、高級感が出るということでした。

そして、在庫を持っていても大量に並べると売れていない印象があるので、
一枚ずつ出しておいて、サイズなどはあとで出してくるようにすることも学びました。

実際の接客においては、まずは声掛けをします。
「いらっしゃいませ、こんにちは」の声掛けをしたあとは、あまりしつこく付きまとわないようにするように言われました。

よく自分が洋服を買いに行くと、ずっとついて回る店員さんがいますが、
あれはあまり気分の良いものではありません。
ゆっくりと見られないので、結局あまり見ないで店を出ていくことになったりします。

ですから、本当は初めの声掛けで自分の存在を相手に知らせておいて、
いつでも質問は聞きますという体制でいることが大切だと言われました。

小さなことですが気をつけることがたくさんある接客。
教わったたくさんのノウハウは今でも大切にしています。

«
»