日本人の占い好きについて

日本人は本当に占いが好きです。星座占いも手相占いも心理テストも、どういうわけか分け隔て無く大人気です。特に食いつきがいいなと感じるのは、その人の性格がわかるタイプのもの。日本人が何でも型にはめて考えて、安心する傾向にあるようです。

 以前どこかで聞きましたが、初対面の人に血液型を聞くのは日本人ぐらいだそうです。外国の方にとっては、血液型は個人情報のひとつという感覚が強いので、輸血でもする時でない限り、相手に血液型を聞くのは失礼なことらしいですね。これはもちろん育ってきた環境が影響することなので、一概に日本人の感覚が悪いとは言えませんが、日本人がどういう人種なのかはなんだかこの件でよく分かるような気がします。
 よくきくフレーズで、「A型は細かい。O型はおおざっぱ」とかあります。聞いていても成るほどと思いますが、その通りにいくと人間4種類しかいなくなってしまうのです。そうなれば人間関係を考える上では楽でしょうけれど、そんなわけはないのです。それが分かっていながらも成るほど、と思うのは、そう言い聞かされて育ってきたすりこみ効果で、実際にそういう性格にそれぞれがなってしまっているのではなかろうか…(これは血液型だけではなくて、12星座も生まれた干支もそうですが)。ともう何年も理屈っぽくこの件については考えあぐねているのですが、どうもすっきりする答えは出ないのです。
そして知り合ったばかりの人に、出会って二回目くらいに早くも血液型を確認する自分がいるのでした。

«
»