各国の食事のマナーを知ること

食事のマナーって国によって違うから難しいですよね。
最近、韓国ドラマをよく見るので韓国の食事のマナーがどうなっているのか気になることがいくつかあります。
日本とはどんな点が違うのか、ちょっと調べてみたら面白かったです。

まず、最初に決定的に違うのが、ごはん茶碗をもってはいけないことです。
韓国では、ほとんどの食器を手で持って食べてはいけないのだそうです。
もちろんスープなどの汁ものが入っている食器も手で持ってはいけないので、スプーンがあるわけです。

普通におかずをとる時には、お箸をつかって、
ごはんや汁物を食べるときにはスプーンを使うように使い分けます。

他にも気になるマナーがありました。
それは、女性が立膝をして食事をしているところです。
これは、さすがにマナー違反だろうと思っていたのですが、
これも実は日本でいる着物と同じチマチョゴリを着ている時に、
シルエットが綺麗に見えるということで許されている話です。

その理由を知ればなるほどとおもうことも、知らないとマナーが悪いように感じてしまうので、
他国の文化を知らないと、ちょっとトラブルになるかもしれませんね。

韓国に限らず、いろいろな国を旅行する際には、きちんとある程度のマナーを理解しておくことが大切ですね。
私も韓国やアメリカ、南米などを旅行したことがありますが、
あまりその国の文化などは勉強して出かけていませんでした。

とくに、トラブルに遭ったことはないのですが、これからは気をつけるようにしようと思います。

«
»