先輩彼女

学生時代、年上の女性に憧れる男子が多いのはどこでも一緒だと思う。
私は、まさにそこにハマった一人だった。というか、その憧れを抱かれた対象だった。
私は、姉御肌で年下から慕われることが多かったのだけど、まさか憧れの対象になるなんて思ってもみなかった。

彼は、バスケ部の学年では結構モテる男の子だったから、私も知っていた。
だから、始め呼び出された時は、何事かとびっくりした。

もちろん、初めてちゃんと話したぐらいでいきなり告白OKなんてできないし、友達からということで納得してもらったのだけど、彼は本当に魅力的で、一緒にいるといつも主導権を握る私が引っ張られるという具合に男らしい一面があった。

私はすぐに彼を好きになり、次に彼から気持ちを伝えられた時はもちろんOKを出していた。
でも、所詮憧れは憧れ。男というものは、一時をすぎると、やはり年下や同級生の可愛らしい女の子に魅かれだすのは世の定めらしい。

私は、付き合って1年半で、彼に捨てられた。
私という彼女がいることは学校中に知れ渡っていたのに、それを知りながらも告白してきた後輩のいたいけな可愛らしさにやられたらしい(笑)。なんともお粗末な結末だ。

そして、私は見事に彼を引きずっている。意外に本気で好きだったらしい。自分でも思ってもみなかった。

性格上、その女に文句を言うとかそんな気持ちは生まれなかったけど、どう考えてもなめられたんだなということはわかったし、そんな女が性格がいいわけがない、そんなのに引っかかって彼はアホだなんて思ったりもした。

まぁ、新しい恋でもしてみるかな。

モロ見えアダルト動画サンプル
邪魔なモザイクが一切ない高画質無修正動画を視聴したいなら
dougahakkutsu.com/
モロ見えアダルト動画サンプル

»